ニンテンドー3DSやPSVR等で3D無修正AV動画を見る方法

平面的な普通の2D動画ではなく、立体的な飛び出す3D無修正AV動画をニンテンドー3DSやPSVRなどで見る方法を紹介しています。

無修正タイトル一覧 > ニンテンドー3DSやPSVR等で3D無修正AV動画を見る方法

ニンテンドー3DSで3D無修正AV動画を見る方法

ニンテンドー3DSは、2011年2月26日に任天堂から発売された携帯ゲーム機で、ニンテンドーDSシリーズの後継機にあたります。

前機種のニンテンドーDSとの大きな違いは、裸眼3Dディスプレイを搭載したことにより、裸眼で立体的な3Dゲーム映像を見ることができることでした。

ただ、液晶画面が小さいことから3D映像は正直しょぼく、結構疲れるので、3D機能をOFFにしてゲームをプレイする人が増えたこともあり、3D機能が非搭載のゲームも多くなっています。

ニンテンドー3DS LLでは液晶画面が大きくなっていますので、通常版のニンテンドー3DSに比べると、無修正AVも多少は見やすくなっていますが、専用ムービーファイルの容量がバカでかく、1ファイル9分59秒かつ1GBの制限があるので、スマホやPCで見るよりはちょっと手間がかかります。

詳しくは、ニンテンドー3DSでの鑑賞方法を参考にしてみてください。

3Dの無修正エロ動画を配信している「3D−EROS」では、3D対応TV、3D対応PC、3D対応スマホ、HMD、ニンテンドー3DS用のファイルが用意されていますので、自分でファイル形式を変換したりする必要はありません。

3DS用のサンプルムービーも用意されています。

スマホを持っていれば、スマホをヘッドマウントディスプレイ化できるスマホ用HMDが安いものだと1000円程度で販売されていますので、わざわざニンテンドー3DSで無修正AVを見る必要もないとは思いますが、ガラケーしか持っていない場合には、ニンテンドー3DSで無修正3D動画を見るのもいいかと思います。

PSVRで3D無修正AV動画を見る方法

ソニーのプレイステーションVR(PSVR)が2016年10月13日に販売されることから、今年は、VR元年とも言われています。

高性能のVRヘッドマウントディスプレイ(VR HMD)は、10万円近くしますが、ソニーのPSVRは44980円と、他の高性能のVR HMDに比べると非常に安く販売されます。

スマホ用のHMDが1000円ぐらいから購入できることを考えると、44980円のPSVRが安いとは言えませんが、この性能でこの価格というのは現時点では破格だと思います。

PS4もニューモデルが出て、値下げされていますし、ソニーはハードで儲けるより、ソフトで儲けることを考えているのだと思います。

PSVRはPS4のときと同じように、最初はゲームソフトは充実しないとは思いますが、無修正AVなどのアダルトコンテンツも見ることができれば、購入者も増えそうな気がします。

まあ、無修正AVで360のVR映像を楽しめるのは結構先になるかもしれませんが、飛び出す3D映像でも充分リアリティがあるので、オナニーするには充分だと思います。

PSVRなどのHMDで無修正AVを見る方法は、HMDで3D動画の鑑賞方法を参考にしてみてください。

プレイステーションVRは最初は転売屋なんかが買い占めるでしょうから、落ち着いてから定価で購入したいですね。

関連記事:PSVRは3Dの無修正AV動画専用になる?プレイステーションVR発売間近!追加予約も